千の技術博

MENU

見どころ

明治150年を記念!重要文化財や産業遺産など貴重な展示物が科博に大集合!

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。
時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。

日本各地の大学・研究機関や企業などから、600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合!

中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、「でんきの礎」、
「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です!

  • エジソンが明治天皇に献上した蓄音機
    所蔵:国立科学博物館

  • 所蔵:国立科学博物館

  • 明治初期の印刷文化に貫献した国産活版印刷機 機械遺産
    所蔵:ミズノプリンティングミュージアム

  • 時代に先駆け、西洋医学を取り入れた製法の化粧水
    所蔵:桃谷順天館

  • 日本で初めて音を記録し、再生した器械 重要文化財
    所蔵:国立科学博物館

  • 日本人が発明した世界的胃腸薬 「吾輩は猫である」にも登場 化学遺産/未来技術遺産
    所蔵:第一三共

  • 古賀逸策が発明した、当時、世界一正確な時を刻んだ水晶振動子 でんきの礎
    所蔵:東京工業大学博物館

  • 世界も驚いた強力磁石 日本の磁性材料研究の先駆け
    所蔵:東北大学金属材料研究所

  • 身近な家電 開発の背後に物語アリ でんきの礎
    所蔵:東芝未来科学館/東芝ライフスタイル

  • 発売当時の値段は小学校教員の初任給1年分以上 機械遣産
    所蔵:東芝未来科学館/東芝ライフスタイル

  • 世界初のクオーツ式腕時計 機械遺産/でんきの礎
    所蔵:セイコーミュージアム

  • 所蔵:国立科学博物館

  • かつての日本の航空機技術を示す中島飛行機製のエンジン
    所蔵:国立科学博物館

  • 日本で初めて製品化された全電気式産業用ロポット 機械遣産/未来技術遣産
    所蔵:安川電機

  • 世界のエネルギー消費を支えるターピン発電機の元祖
    所蔵:東京工業大学博物館

  • 100年前の電気自動車
    所蔵:国立科学博物館

  • 東海道新幹線実用化への里程標
    所蔵:鉄道総合技術研究所

  • 日本の射出成形機の原型 化学遺産/未来技術遺産
    所蔵:旭化成

  • 初めての国産アンモニア合成技術で使われた窒素製造装置 化学遺産
    所蔵:産業技術総合研究所

  • 日本で最初にナイロン糸を紡いだ装置 化学遺産/未来技術遺産
    所蔵:東レ

  • 日本発・世界の成人病患者の救世主 未来技術遺産
    所蔵:東京農工大学科学博物館

  • 生命科学の最先端だった蚕の品糧改良
    所蔵:農業・食品産業技術総合研究機構

  • 深海鮫の肝油から発見された油性物質 化学遺産
    所蔵:産業技術総合研究所

  • レーダーや電子レンジの発達はこの真空管の発明から でんきの礎/未来技術遺産
    所蔵:東北大学電気通信研究所

  • 日本最初のブルドーザ一 機械遺産
    所蔵:コマツ

  • 世界中の屋根に普及したテレビアンテナの基礎技術
    所蔵:東北大学電気通信研究所

  • 報道など世界のプロが愛用、日本のカメラの声価を高めた
    所蔵:ニコンミュージアム

  • 大正期に普及した国産医療用X線装置
    所蔵:島津製作所創業記念資料館

  • 初めてかな漢字変換を実現したワープロ1号機 開発は日本語の研究そのものだった 情報処理技術遺産/でんきの礎
    所蔵:東芝未来科学館

  • 運用開始当峙、世界最速のスバコン 地球規模の環境変動も予測
    所蔵:国立科学博物館

  • 携帯電話の前身、肩にかけて使用していた
    所蔵:NTT技術史料館

  • 世界初の実用的無線電話機 未来技術遺産
    収蔵:郵政博物館

  • いつでもどこでも音楽を 新しいスタイルを生み出したヘッドホンステレオ
    でんきの礎/末来技術遺産
    所蔵:ソニ一

  • 人とコミュニケーションする自律型のエンタテインメントロポット 末来技術遺産
    所蔵:ソニ一

  • 現存する国産最古級の電信・電話回線用海底ケーブル
    所蔵:NEC/OCC

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

知られざる研究秘話!日本を変えた科学・技術の研究・開発のエピソードが満載!

世界に誇る科学・技術をつくり出した人物や世の中との関係にまつわるエピソードを多数取り上げ、わかりやすく解説します。新しい技術に接した時の人々の驚きや、当時の世相なども紹介します。

また、当時最先端技術の精華である展示品が醸し出す機能美も必見です!

水晶時計の表示部(国産第1号)
特別公開!明治天皇やトーマス・エジソンゆかりの資料も展示!

普段非公開やなかなか公開されない研究機関や企業の所蔵品が本展では一同に集結し多数展示されます。この機会をお見逃しなく!

明治150年を記念する展示として、国立科学博物館が所蔵する明治天皇やエジソンゆかりの資料を特別に公開します。なかでも、エジソンが明治天皇に献上した蓄音機「エジソン クラスM」は必見です。

エジソン クラスM
第1章|明治維新 科学と技術で世が変わる

明治維新から明治20年代までを区切りとして、教育や科学者の登場、度量衡・医療制度の制定、産業や西洋建築、電気通信など西洋の科学技術の導入で、まさに世の中が一変していきました。

エジソン クラスM
世進電話雙録
蘇言機
にきびとり美顔水
平野富二の活版印刷機
第2章|科学で変える

西洋科学技術を学び、日本人科学者による世界的な発明や画期的な研究成果を挙げることも増えてきました。医薬品、水晶振動子や時計、磁石(磁性材料)など、日本人の研究成果を紹介します。

タカヂアスターゼ薬瓶
水晶時計の表示部(国産第1号)
K.S鋼、新K.S鋼
第3章|くらしを変える技術

電気の登場により暮らしはより便利になりました。発電所の設置から明かりの普及、生活を改善した身近な家庭電化製品などが並びます。

国産初の自動式電気釜
セイコークオーツアストロン
国産初の電気冷蔵庫
東京銀座通電気燈建設之図
第4章|産業を変える技術
動力源としての発動機をはじめ、自動車、鉄道、船舶や航空機から産業用ロボットや宇宙探査まで、技術は150年の間に驚異的な進歩を遂げました。
二式一一五○馬力発動機
パーソンズタービン
新幹線1号試験台車プレート
MOTOMAN-L10
ミルバーン電気自動車
第5章|モノを変える技術

日本の産業を支えた鉄鋼や炭鉱のほか、空中の窒素から肥料や燃料を作り出すアンモニア合成技術から合成樹脂・繊維、生活を変えた新素材まで化学の進歩が果たした役割を紹介します。

Isoma射出成形機
リンデ式空気液化分留器
第一号ナイロン紡糸機
第6章|産業を変える技術

植物や動物などを科学的に研究することで天然物化学や生命科学が発展していきました。
油脂や薬などへの応用、近代日本の主要輸出品であった養蚕や日本の食糧を支えた稲の品種改良など、私たちの生活はより豊かになりました。

スタチン
繭の標本
スクアレン
第7章|街づくりを変える技術

高層建築を支えた耐震設計、地震研究や土木・防災技術を紹介します。戦時中に発達した重機やレーダは、戦後民生用として発展し、防災の場面で活躍しています。

分割陽極マグネトロン
コマツブルドーザーG40(小松1型均土機)
第8章|コミュニケーションを変える技術

情報通信技術は発展して、あらゆる産業に影響を及ぼし、我々の生活を今までもこれからも一変させる可能性を秘めています。情報処理と電気通信技術、音響・映像・光学・半導体技術の源流から今までを圧巻の展示で構成します。

八木・宇田アンテナ
Nikon F
ニューオーロラ号
日本語ワードプロセッサ JW-10
地球シミュレータ
ショルダーホン
TYK式無線電話装置
ウォークマン®
AIBO
三・五平方粍四心G・P重中海ケーブル
終わりに
科学や技術の未来にいて考えるときに参考となるように、科学者や技術者が50年前や100年前に予想した未来を紹介します。
第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第7章 第8章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第7章 第8章

Page Top

ページトップへ